RIVOGUE

メンズ脱毛は香川県高松市の男性専門RIVOGUEへ。カミソリの落とし穴

カミソリの落とし穴


カミソリの落とし穴
カミソリの落とし穴
 男性の方は、10代後半に起こる思春期辺りからヒゲが生えるようになり、定期的にヒゲを剃る習慣になると思います。しかし定期的に剃っていたのが次第に毎日になります。
そしてヒゲを自己処理に使用されるのがカミソリです。皆さん一度は使った事はあるんじゃないでしょうか。
 日本では、電気シェーバーよりもカミソリを使っている人の方が多いんじゃないでしょうか。そんなカミソリでの自己処理方法にはたくさんのデメリットがあります。今からカミソリについて詳しくご説明させていただきたいと思います。

カミソリのメリット
カミソリのメリット       
 まず初めにカミソリのメリットをご紹介していきたいと思います。カミソリはT字のもので2枚~5枚刃が主流で刃の枚数が多いほど肌へのあたりが優しいと言われています。
 そして市販で替え刃は8枚入りなどで販売されているので、毎日剃る人でも気軽にカミソリの刃を交換することができます。
 そしてかみそりはカミソリの刃が直接肌に触れるためしっかりと深剃りができるためヒゲが濃い人、ヒゲの毛量が多い人、ヒゲの伸びるスピードが早い人などでもキレイに剃ることができるのでヒゲが生えてくるまでの間はツルツルな肌触りの状態でいられます。
 電機シェーバー、除毛ワックス、除毛クリーム、毛抜きなどと比較すると圧倒的にスピーディーに自己処理を行う事ができるのです。

カミソリの刃のデメリット
カミソリの刃のデメリット        
 それでは今から本題のカミソリのデメリットをご紹介していきたいと思います。

 一つ目は電気シェーバーなど比べると圧倒的に肌へのダメージが大きく、慎重
に剃らないとお肌を切ってしまう可能性がある。よくカミソリ負けしたと言う言葉を聞いたことがあると思いますし。ご自身も一度はカミソリ負けをご経験したことがあると思います。
 カミソリまけしてしまう原因としては、カミソリの刃が直接、肌に触れるためです。肌に直接触れるという事はキレイに剃れてお肌も一時的にツルツルな状態を手に入れる事が出来ますがそれだけ肌にはリスキーなことなのです。

カミソリの刃のデメリット2
 二つ目は色素沈着です。ほとんどの男性の方はヒゲを毎日剃ります。そうすると、カミソリの刃がお肌に負担をかけ、肌が黒ずんでしまい、色素沈着を引き起こしてしまうのです。一旦色素沈着を引き起こしてしまえばしばらくの間カミソリでの自己処理を中止する以外には改善の余地はありませんが、毎日ヒゲを剃る方にとっては、髭剃りを中止するのは、不可能な話です。

 三つ目がコストパフォーマンスです。
一見カミソリで自己処理を行うのが脱毛よりも安いと思われがちですが、脱毛を行う方が圧倒的に安いです。
まず、カミソリで自己処理するにあたっての消耗品がカミソリの刃、シェービングクリーム、保湿クリームになります。カミソリの刃は一周間に一回交換が目安です。シェービングムは毛を柔らかくしてカミソリの刃は一周間に一回は交換する必要がありなくなるたびに購入しないといけません。それが一生続くと考えると圧倒的にコストパフォーマンス悪いです。

 一生剃ることを考えれば、メンズ脱毛を行う事によってお肌に負担をかける心配もありません、自己処理のための消耗品を一生買うと考えると圧倒的にメンズ脱毛の方がお安く済みます。