RIVOGUE

メンズ脱毛と光線過敏症の関係。
メンズ脱毛は香川高松の男性専門RIVOGUEへ

メンズ脱毛における光線過敏症とは?


メンズ脱毛における光線過敏症とは?

 皆さん光線過敏症という言葉を聞いたことはございませんか?
 日常ではあまり聞きなれない言葉だと思います。
 光線過敏症とは日光などの強い光を浴びると皮膚の炎症などを引き起こす総称のことを光線過敏症と言います。
 光線過敏症の主な症状としては、強い光を浴びると水ぶくれや発疹などの症状が出たり太陽などの強い光に限らず日常的な光でも何かしらの症状が現れるケースもあります。
 今回は光線過敏症とメンズ脱毛の意外な関係性について御紹介します。

光線過敏症の主な原因


光線過敏症の主な原因

 光線過敏症の主な原因は生まれつき光に弱い体質の方ももちろんいるのですが、光線過敏症ではなかったのに突如光線過敏症になったという報告もあります。
 また、処方された薬、注射による投薬等でも発症したという報告もあります。
 光線過敏症のなかでもとくに多いタイプが、日光アレルギー、多形日光疹、光線過敏症薬疹などが挙げられます。
 日光アレルギーとは、別名「日光性過敏症」や「日光性皮膚炎」とも呼ばれ太陽などの多量の紫外線を浴びたとき皮膚が過剰に反応して蕁麻疹、水ぶくれ、頭痛、吐き気、めまいなどの症状が発疹してしまう症状のことを日光アレルギーと言います。
 多形日光疹とは、日光アレルギーと同じく太陽などの多量の紫外線を浴びることで引き起こる皮膚の炎症のことをいいます。
 こちらでは紫外線を浴びた部分の肌にポツポツと赤い湿疹が現れます。
 湿疹に伴ってかゆみ、水膨れ、といった症状として現れる場合があります。
症状としましては日光アレルギーとよく似ているのですが症状が出るスピードに違いがあり、日光アレルギーでは紫外線を浴びてからすぐに症状が出るのに対し、多形日光疹では紫外線を浴びてから30分~数時間経たないと症状が現れません。
 光線過敏症薬疹とは特定の処方された薬、注射による投薬等などで、体内もしくは体外で作用し日光などの紫外線からの影響を受けやすくなってしまう症状です。ステロイド剤の塗り薬、抗生剤を含む風邪薬、、抗ヒスタミン配合の皮膚薬、抗不安薬、三環系抗うつ薬、抗がん剤などが光線過敏症を誘発する原因と言われています。

光線過敏症になるとメンズ脱毛が受けられない?


光線過敏症になるとメンズ脱毛が受けられない?

 上記が光線過敏症の原因と症状についてですが、実はこの光線過敏症になってしまうとメンズ脱毛を受けることができない可能性があります。
 これは主にレーザー脱毛や光脱毛に大きく関係しています。
 光脱毛やレーザー脱毛は施術の際に光を使用して施術を行います。
 脱毛器から照射される際の光には有害な紫外線はカットされるような設定が施されていますが、光線過敏症の方の場合、紫外線をカットしている光であっても反応をしていしまい症状を起こしてしまう恐れがあるのです。
 そのため、カウンセリングを受ける際にはご自身が光線過敏症であるかどうかをしっかりとお伝えいただき、お薬の服用があればカウンセリングシートへのご記入をお願い致します。
 また今後薬の使用の可能性がある場合にも申告するようにしましょう。
 自身に光線過敏症の症状があるにも関わらず、メンズ脱毛でムダ毛をなくしたいと施術を開始する前にしっかりとお店の方へ伝えていなければ、ムダ毛をなくす以前にお肌を傷つけてしまい大変危険です。
 安全にメンズ脱毛を始めていただくためにも、カウンセリングの際にしっかりとご相談頂いた上でムダ毛に対するお悩み解決のお手伝いをさせていただきたいと考えております。