RIVOGUE

メンズ脱毛・ヒゲ脱毛は香川県高松市の男性専門RIVOGUEへ。脱毛方法の種類(クリニック・サロン編)

脱毛方法の種類(クリニック・サロン編)



脱毛方法の種類(クリニック・サロン編)
脱毛方法の種類(クリニック・サロン編)

男性の方も毛の処理をするのが当たり前の時代になり、クリニックやサロンなどで脱毛されている男性が増えてきました。自分で毛を処理している方は、クリニックやサロンで脱毛をしたことがない方がほとんどではないでしょうか。脱毛したことがない方の中で「脱毛したいけど、種類があってどれを選べばいいのか分からない。」という方や「クリニックやサロンの違いが分からない。」という方も多いのではないでしょうか。たしかに、脱毛できるクリニックやサロンはたくさんありますし脱毛法も様々な方法があります。今回はクリニックでしかできない脱毛法とサロンでできる脱毛法について、簡単にお話させていただこうと思います。

クリニックでしかできない脱毛法
クリニックでしかできない脱毛法

クリニックでしかできない脱毛法といえば「レーザー脱毛」が一般的です。このレーザーでの脱毛法は医療行為にあたるので、クリニックでも医師免許のある医師だけが施術を行うことができます。クリニックでは「絶縁針脱毛」という脱毛法もあります。ニードル脱毛と言われている脱毛法です。この脱毛法を行うためには、脱毛士の資格が必要になります。医療脱毛は施術する側に必ず資格が必要ということです。医療脱毛は「永久脱毛」と言われていますが、「永久脱毛とは、脱毛の施術1ヶ月後に毛の再生率が20%以下の状態」と米国電気脱毛協会(AEA)が定めています。よく皆様が思っている「永久脱毛を受けると、毛が一生生えてこなくなる。」というのとは違います。「永久脱毛」という言葉だけでは勘違いしやすいので、注意が必要です。
この「レーザー脱毛」と「絶縁針脱毛」がどのような脱毛法なのか説明していきたいと思います。

脱毛の種類
脱毛の種類

・レーザー脱毛
まずレーザー脱毛の仕組みについて説明します。レーザー脱毛は、黒いメラニンに反応するレーザーを使い、生えている毛を伝って毛穴の奥にある毛を成長させている細胞に大きなダメージを与えて脱毛していきます。光脱毛と比べると1回の出力は高いと言えます。1回の施術での効果も高い場合があります。そのかわりに痛みもかなり大きくなります。太い毛が密集している部位を施術する場合、反応する毛が多いので痛みも増します。その痛みに耐えながら脱毛が完了するまで何回も通えるのかがポイントになります。出力が高いので、肌トラブルのリスクも高いと言えます。火傷のような肌トラブルのリスクが高いため、すぐに治療ができるクリニックで医療行為とされて行われているわけです。効果としては永久的な効果がありますが、また生えてくることもあるようです。
・絶縁針脱毛(ニードル脱毛)
絶縁針脱毛とは、皮膚に針が触れても熱を伝えないように絶縁部のある絶縁針を使用し、その絶縁針を直接毛穴に刺し電気を流し一本ずつ脱毛していきます。そうすることで毛を成長させている細胞を直接破壊していきます。数ある脱毛法の中でも一番永久的な効果があると言われています。一本ずつ脱毛していくのでヒゲをデザインする場合や、体毛の形を整えたい場合に向いている脱毛法です。逆に広範囲の脱毛や毛の量が多い部位の場合は、手間や時間、費用もかかります。この脱毛法に関しては、メラニンを含んでいない毛やホクロの毛などにも効果を出すことができます。皮膚表面が火傷しないように設計されていますが、直接針を毛穴に刺し電気を流すので毛穴の中に直接ダメージがあります。痛みに耐えられない方のために麻酔テープやクリームがあるので、結構な痛みがあると言えます。お肌の表面ではなく、毛穴が炎症を起こしやすい脱毛法です。


脱毛の種類2
サロンでできる脱毛法

女性の脱毛は、かなり昔から当たり前になっていますが、最近では男性の脱毛が当たり前になってきたことで、多くのメンズ脱毛サロンやレディースと兼用の脱毛サロンが出てきました。そういった脱毛サロンやエステサロンで施術が受けられる脱毛法として、「光脱毛」と「ニードル脱毛」が永久的な効果を求めて行われています。他にもワックスやテープで一時的な効果の脱毛を行っているサロンもあります。「光脱毛」はどこのサロンでも行っている場合が多いですが、「ニードル脱毛」を行っているサロンは大手サロンが多いです。今回は「光脱毛」と「ニードル脱毛」の説明をさせていただきます。
・光脱毛
まずは光脱毛の仕組みについて説明します。光脱毛は、考え方としてはほぼレーザー脱毛と同じで、黒いメラニンに反応する光を使用して脱毛を行います。光脱毛の場合は、毛を成長させている細胞に熱を伝えて、タンパク質を変性させて脱毛していきます。レーザー脱毛や絶縁針脱毛と違い、細胞を破壊したりしないので、痛みはかなり少ないと言えます。1回の出力としてはレーザーの方が強いのですが、痛みが少ないことと費用も比較的抑えることができるので通いやすく、しっかり通っていただくことで高い効果を出すことができます。医療脱毛ではないので「永久脱毛」とは言えませんが、それに近い効果を出すことができます。一般的に光脱毛と言われている脱毛法は多くのサロンで行われていますが、サロンごとに使用している脱毛器が違うので、何を目的とした脱毛なのか、男性の方を脱毛していくための脱毛器なのか、または女性の方を脱毛していくための脱毛器なのかなど、ちゃんと調べてからサロンを決めることをオススメします。
・ニードル脱毛
本来このニードル脱毛はクリニックで行うべき脱毛法です。「クリニックで行うべき」ということは、それほどリスクがあるということです。方法としては、絶縁針脱毛と同じように毛穴に針を刺し、電気を流して一本ずつ脱毛していきます。クリニックの場合は針が皮膚に触れても熱が伝わらないように絶縁部のある絶縁針を使用していますが、サロンの場合は絶縁針ではないので皮膚の表面などの火傷のリスクが高いです。痛みは強いですが、クリニックではないので麻酔はありませんし、何かお肌にトラブルがあってもすぐに対応できません。サロンでのニードル脱毛は注意が必要になります。


まとめ

まとめ


クリニックとサロンの脱毛法の違いは分かっていただけましたか?
クリニックにはクリニックの良さが、サロンにはサロンの良さがあります。昔は針脱毛しかなく、一本ずつ痛みに耐えながら時間をかけて脱毛していました。レーザー脱毛が出てきて効率は上がったのですが、とにかく痛みが強く通えない方がたくさんいました。針もレーザーも費用も高く、脱毛は高いというイメージがついてしまいました。そこで、効果もちゃんと出せて痛みも少なく効率良く脱毛できて、費用も安くできる脱毛法が求められて、光脱毛ができました。脱毛は女性がするイメージだったのが、男性も当たり前になり、メンズ専門のサロンやメンズに特化した脱毛器が出てきました。これからも脱毛は進化していくことでしょう。