RIVOGUE

メンズ脱毛・ヒゲ脱毛は香川県高松市の男性専門RIVOGUEへ。脱毛で日焼けはNG?

脱毛で日焼けはNG?



硬毛化について
脱毛で日焼けはNG?

「脱毛するとき日焼けはダメ!」と聞いたことがある方もいるかもしれませんが、なぜだめなのか、脱毛と日焼けの関係などはあまり知らない方が多いのではないでしょうか。男性の場合、体を鍛えるのと同時に健康的な小麦肌を目指す方が多くいます。そして鍛えた体をよりキレイに見せたいという気持ちからムダ毛が気になり、脱毛を始める方も多いです。特にアスリートの方は、たくさんの方に体を見せる機会が多いので、脱毛している方も多くいます。しかし、脱毛と日焼けの関係は良くありません。今回は、なぜ日焼けがNGと言われているのか、日焼けが脱毛にどのような影響を及ぼすのかなど、説明していきたいと思います。

脱毛の仕組みは?
脱毛の仕組みは?

日焼けの説明の前に、脱毛の仕組みについて理解していただきたいと思います。クリニックや脱毛サロンで日焼けがNGと言われている脱毛法は、レーザー脱毛と光脱毛がメジャーです。どちらの脱毛法も、脱毛の仕組みとして考え方はほぼ同じです。毛の黒い色を形成しているメラニン色素に反応するレーザーや光を使用して脱毛を行います。レーザーの場合、高い出力で毛穴の中にある毛を成長させている細胞に大きなダメージを与えます。毛穴の中にまで大きなダメージを伝えるということは、お肌にもダメージはあります。光脱毛の場合は、毛を成長させている細胞はタンパク質でできていて、そのタンパク質に作用させて熱変性を起こします。変性したタンパク質は、栄養を取ることができなくなり、毛が抜けていくということです。光脱毛の場合、レーザーと比べるとお肌への負担はかなり少ないです。どちらの脱毛法も、黒いメラニンに反応させて熱で脱毛していく、ということを覚えておいてください。

日焼けで脱毛がNGと言われる理由とは?
日焼けで脱毛がNGと言われる理由とは?

なぜ日焼けがNGと言われるのか、いくつか理由があります。脱毛の効果が下がったり、脱毛の施術の痛みが増したりと、悪影響があるのです。先程の脱毛の仕組みで説明したように、脱毛で使用しているレーザーや光は黒いメラニンに反応します。日焼けによってお肌が黒くなっていると、毛だけでなくお肌にも反応してしまう可能性があります。本来なら毛に効果を集中させるところが、日焼けして黒くなったお肌にも反応することで効果が分散してしまい、脱毛の効果が下がってしまいます。さらに日焼けをして紫外線によるダメージを受けたお肌は、乾燥しやすくなって乾燥肌の状態になっています。乾燥肌は、少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。そのような敏感肌に施術をすると、痛みが増す可能性もあります。敏感になっているうえに、日焼けで黒くなったお肌にまで反応してしまうと、通常よりも痛みは増すでしょう。敏感肌に施術を行う場合、当然脱毛器の出力を上げることもできません。出力を上げられないということは、脱毛の効果も下がります。それだけではなく、紫外線を浴びるということでシミなどの色素沈着が起こるリスクがあります。日焼けしたお肌への施術は、そのリスクを助長する可能性もあるのです。紫外線によるダメージからお肌を守るために、メラニンは生成されています。そこに施術による刺激がお肌の防衛本能に作用してしまう可能性があるということです。あまりにも日焼けをしすぎると、脱毛の施術が受けられない場合もありますので注意してください。ちなみにニードル脱毛の場合は、毛穴に針を直接刺すのでお肌の色は関係ありません。しかし、あまりにも日焼けしすぎてお肌が黒くなり、毛穴が見えないと脱毛できないことがあります。お肌の色は関係ありませんが、日焼け直後のダメージを受けたお肌にも施術できない場合があります。


脱毛してから日焼けは大丈夫?
脱毛してから日焼けは大丈夫?

結論から言うと、NGです。脱毛の施術を受けたお肌はデリケートになっています。特にレーザーの場合、お肌はダメージを受けています。光脱毛の場合も少なからずお肌に負担はあります。そのようなデリケートな状態での日焼けはNGです。施術の熱によって、軽い火傷のような状態のお肌に紫外線を浴びると、肌トラブルの原因となります。太陽の熱によって、お肌があたためられるのも良くありません。お風呂や運動などによって体をあたためる行為も避けていただきたいと思います。施術後に体をあたためると、赤みが強く出たり、炎症を起こしている部位が悪化したりします。これは飲酒によって血行が良くなることでも起きてしまう可能性があります。施術後はあたためるより、冷やすということを意識していただきたいと思います。


まとめ

まとめ


脱毛と日焼けの関係は分かっていただけましたか?脱毛は1回で終わりではなく、通っていただかないと完了しません。脱毛の施術がある日の前後だけではなく、脱毛に通う期間は日焼けには注意してください。日焼けはお肌にとって良いものではありません。若いころに日焼けをしたせいで、シミやそばかすで悩んでいる方がたくさんいます。最悪の場合、皮膚がんの原因にもなってしまいます。普段からしっかりと紫外線対策をすることをオススメします。