RIVOGUE

ひげ脱毛は香川県高松市の男性専門RIVOGUEへ。ヒゲ脱毛と毛の長さ

ヒゲ脱毛と毛の長さ


ヒゲ脱毛と毛の長さ
ヒゲ脱毛と毛の長さ
 メンズ脱毛の施術を受ける際に、担当のスタッフにヒゲを剃ってご来店くださいと言われるサロンやクリニックや、反対にヒゲを剃らずに生やした状態でご来店ください。などとサロンやクリニックによって異なります。それはなぜかと言うと施術方法が異なるからです。
 ヒゲを剃った状態で施術を行うのは、レーザーやフラッシュ脱毛です。ヒゲを生やした状態で施術を行うのがニードル脱毛です。

ニードル脱毛はなぜ生やした状態で施術するの?
ニードル脱毛はなぜ生やした状態で施術するの?        ニードル脱毛の場合、施術方法がヒゲが生えている毛穴に針を刺して電流を流して脱毛スト方法になっていますので剃っているとヒゲが生えている毛穴が分からなかったり針を刺すことができないのです。
 ですからニードル脱毛の場合、ヒゲを生やした状態で施術を行う必要があるのです。ニードル脱毛でメンズ脱毛される方は、ヒゲを生やした状態でサロンに通いましょう。

レーザー、フラッシュ脱毛
レーザー、フラッシュ脱毛        
 レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合ヒゲをそった状態でメンズ脱毛の施術をおこないます。その理由としましては、施術方法がメラニンに反応する特殊な光源を利用して、照射したエネルギーがメラニンを含んでいるヒゲを伝って毛穴の奥の細胞に作用を働きかけるからです。
 すなわちヒゲが長いよりも短い方が照射したエネルギーが毛穴の奥の細胞に作用しやすくなります。それにヒゲが伸びた状態で施術すると、照射したヒゲが熱を持ちそれがお肌に触れると火傷してしまう恐れがあるからです。
 しかし深剃りには注意しましょう。
深剃りをすると、お肌がツルツルになりますよね。しかしお肌がツルツルになっているという事は、毛穴の中で怪我埋まっている状態です。その状態でメラニンに反応する特殊な光源を照射してもヒゲが埋まっているので、反応しずらくなり、メンズ脱毛の効果を下げる事になってしまいます。

レーザー、フラッシュ脱毛の適切なヒゲの長さ
レーザー、フラッシュ脱毛の適切なヒゲの長さ         レーザー、フラッシュ脱毛のようなヒゲを剃った状態で施術するメンズ脱毛はどのくらいが適切な長さなのでしょうか。長すぎると効果もでないし、火傷の恐れがあり短すぎて毛穴のなかに埋まっている状態だとメラニンに反応する特殊な光が反応しにくくなります。
 レーザー、フラッシュ脱毛のようなヒゲを剃る時の長さは、毛穴から少し出ている1ミリ程度でているくらいが脱毛の効果を得やすいです。
 毛穴から少しでている程度であればメラニンに反応する特殊な光源も反応しやすく効果を高めることができます。
ヒゲ脱毛は脱毛完了に長い年月もかかりますし、個人差もかなりあります。
 レーザー、フラッシュ脱毛のメンズ脱毛中の男性の方、レーザー、フラッシュ脱毛のメンズ脱毛をお考えの方は、施術を受ける際のヒゲの適切な、長さを覚えておくと少しでも脱毛完了するための効果を上げる事ができるので覚えておきましょう。